時間線早わかり
ホームBack To The Future's Room


マーティ達の大冒険によって移り変わった時間線を解説しています。



・PART1の場合
1985a:父親ジョージと母親ロレインは結婚しマーティ達を生む。臆病なジョージはビフにいじめらていて、ロレインもアル中でかなり太っている。マーティはそんな親に不満を持ちながらもガールフレンドのジェニファーもいたりと日々の生活に満足していた。しかし、親友ドクのタイムマシンの実験中に間違って1955年にタイムスリップ!

1955:ジョージ達は高校生。ロレインの父親がジョージを引いて出会うはずだったが、マーティを引いてしまいロレインはマーティの虜に。このままではタイムパラドックスが起きるためマーティは四苦八苦する。その結果はジョージがビフを殴ったことをきっかけに無事ロレインと結ばれた。一方、マーティもドクの助けもあり1985年へ戻ることに成功。

1985b:戻ってきた1985年の世界は変化しており、ジョージはSF作家、ロレインは前よりスマートに、ビフも威張ってなかった。そして、自分もあこがれの4×4を手に入れジェニファーとドライブしようとしたとき、ドクが現れ君たちの子供が危ないと言われ2015年へと向かうことに。

・PART2の場合
2015:ドクの言う通りマーティとジェニファーは結婚していたが、ある自動車事故でマーティはロックスターを諦めていた。さらに息子も落ちこぼれの人間で強盗未遂で捕まっていた。それを阻止しようと、マーティはグリフたちの脅迫から息子を助ける(この出来事は結局意味がなかったために図には何も書かない)。その後、アンティークショップでスポーツ年鑑を見つけていたマーティはひと儲けにしようと年鑑を購入。が、すぐにドクに見つかり捨てられてしまう。その一部始終を聞いていた老ビフはデロリアンを盗んで過去へ行き若き自分にスポーツ年鑑を渡してしまう。

1985A:何も知らずに1985年に戻ってきたマーティ達だがヒル・バレーが地獄の世界になっていることに驚く。その原因がビフと分かり、本人からスポーツ年鑑をもらった年を聞くと1955年とわかり再び55年へ。

1955:ビフからスポーツ年鑑を奪おうと頑張るマーティだが取っては取られと苦戦。何とかスポーツ年鑑を奪い取り、燃やすことに成功する(これで1985Aはなくなる)。しかし、今度はドクがデロリアンに乗ったまま雷に打たれ消えてしまった。途方にくれるマーティに手紙が届き、ドクが1885年にいることを知る。そして、すぐさま時計台へ。そのころ時計台ではPART1のマーティをドクが1985年に送り返していた。タイムスリップが成功し喜ぶドクの前に送り返したはずのマーティが現れ、ショックで倒れてしてしまう。

・PART3の場合
1955:目覚めたドクは未来のドクからの手紙を読んで状況を理解する。マーティを1985年に送り返すために鉱山からデロリアンを運ぼうとした時に、1885年にいるドクが1週間後に殺されることを知る。この頃マーティがいる時間線はドクが西部で死んでしまう時間軸に変わっていた(よって図では赤点で表記)。マーティは予定を変えてドクを助けに行くため、55年のドクによって修理されたデロリアンで1885年に向かう。

1885:1885年に到着してすぐにデロリアンのガソリンタンクに穴が空き自走が不可能に。それでもビュフォードに殺されるドクをマーティは未然に防ぐには成功。一方で、ドクは1885年の人間であるクララと恋に落ちてしまう。クララと別れを告げたドクはマーティと共に、汽車の利用していざ1985年に戻ろうとする。ところが、その汽車にクララが乗っていたためドクは1885年に残りマーティのみが1985年に戻る。

1985c:マーティの家族も世界も全部元通りになっていた。さらに、これまでの旅でマーティは成長し自動車事故を未然に防ぐ。これによってマーティが未来でクビになることはなくなった。ジェニファーの手にしていたFAXもマーティの将来も白紙になったのだ。そして、ドクは時を越えて出会ったクララと子供を作った上に機関車型タイムマシンを開発。マーティと再会後、時の旅人として時間旅行をしながら生活をしている。