BACK TO THE FUTURE PARTII ストーリー
ホームBack To The Future's Room


キャッチフレーズ:アメリカが“未来(フューチャー)”の話題に、ざわめき始めた!

1989年アメリカ/アンブリン・エンターテイメント提供・ユニバーサル映画・UIP配給/
上映時間:108分/35ミリ/ビスタサイズ/デラックスカラー/ドルビー・ステレオ
撮影期間:1989年2月24日〜1989年8月1日/予算:4000万ドル

全米公開日:1989年11月22日/日本公開日:1989年12月9日
全世界興行収益:3億3195万ドル
全米興業収益:1億1850万ドル
日本興行収益:94億円(1990年度洋画ランキング1位)

●受賞歴
1991年度サターン・アワード
 ・最優秀特殊効果賞受賞
1990年度 英国アカデミー賞(BAFTA)
 ・特殊視覚効果業績賞受賞
●ノミネート
1990年度(第62回)アカデミー賞ノミネート
 ・視聴効果賞
1991年度サターン・アワード ノミネート
 ・SF映画賞
 ・美術賞
 ・メイクアップ賞

●スタッフ
製作総指揮


監督
製作

原案ストーリー

脚本
撮影
編集

美術
衣装
音楽
特撮

●キャスト
マーティ・マクフライ
マーティ・マクフライJr
マリーン・マクフライ
ドク・ブラウン
ロレイン・ベインズ
ビフ・タネン
グリフ

スティーブン・スピルバーグ
フランク・マーシャル
キャスリーン・ケネディ

ロバート・ゼメキス
ニール・カントン
ボブ・ゲイル
ロバート・ゼメキス
ボブ・ゲイル
ボブ・ゲイル
ディーン・カンディ
アーサー・シュミット
ハリー・ケラミダス
リック・カーター
ジョアンナ・ジョンストン
アラン・シルベストリ
ILM




マイケル・J・フォックス
クリストファー・ロイド
リー・トンプソン

トーマス・F・ウィルソン

 1955年の過去から無事に戻ってきたマーティ。そこは何もかも最高の世界だった。後は新車でジェニファーとドライブするだけ。しかし、それに水を差したのは未来に行ってたはずのドクだった。「君達の子供が危ないからいっしょに来てくれ!」と言われジェニファーを連れて2015年へと向かった。そこでは、なんと自分の息子(マーティJr)が強盗未遂事件を起こすらしい。ドクの言われるままにマーティは息子に代わって、それを阻止することに成功する。その後、マーティは未来の住人の一言をきっかけにある事に思いつく。アンティークショップで売られていた20世紀のスポーツの結果が書いてある「スポーツ年鑑」を買って、ちょっとした一儲けをしようというのだ。しかし、それがドクに見つかり「金儲けする為にタイムマシンを作ったんじゃない!」と言われ、捨てられてしまう。落ち込む間もなく元の時代に戻ろうとするマーティ達に問題が発生。未来へ来た所で、眠らせていたジェニファーが警官に捕まり未来の自分の家に行ってしまった。未来の家族に会う前に何とか救出に成功し、すぐに1985年に戻った。しかし、そこはマーティ達の知っている現代ではなく、ビフが牛耳る最悪の世界だった。これが起きた原因はジェニファーを救出してる隙に、老ビフがデロリアンを盗み、捨てたはずのスポーツ年鑑を過去のいつかで自分に渡したからだ。そこでビフに問い詰めると、もらった日付はなんと1955年11月12日だった・・・。すぐさまスポーツ年鑑を奪いにいく2人。果たして元の世界に戻すことができるのか!?
PARTIII ストーリー 作品考察 細部考察